お掃除機能とは

俗に言うエアコンの「お掃除機能」とは、大抵はフィルター自動掃除機能のことを指します。我々業者間では、フィルター自動掃除機能が付いているタイプを「ロボ付き」と呼んだりするし、逆にこのロボが付いていないタイプを「ノーマル」と呼んだりします。

何故「ロボ」なのかと言うと、エアコンの中にフィルターを自動的に掃除してくれるAIロボットを搭載しているからです。壁掛けタイプの一般的な家庭用エアコンのクリーニングを頼んだ時、ロボ付きがノーマルの1.5~2倍くらい料金が高くなる理由は、洗浄前の分解時に、この余計な「ロボ」も外さないとならないからです。

さて、ここでエアコンの機能にあまり興味の無いお客さんにはややこしい機能が存在します。それは「内部クリーン」です。(シャープでは「内部清浄」) 内部クリーン機能とは、夏場の冷房運転で結露した内部を積極的に乾かして、カビを生えにくくする機能です。なのでフィルター自動掃除機能とは全くの別物で、前述した「ノーマル」にも普通に付いていたりします。

私は、お客さんからご予約を頂く際、ある程度の作業時間も計算したいし料金もお伝えできるので、事前に「お掃除機能」の有無を確認していますが、ノーマルのつもりで伺えばロボ付き。ロボ付きのつもりで伺えば内部クリーン機能付きのノーマル。ってことはよくあります。

ロボ付きのつもりでご予約頂いても実際はノーマルだった場合、私は楽な上、お客さんは伝えられてた料金より安くなるので嬉しいので結果良いですが、・・・逆の場合もあるので。と、本日もちょっと思いました。

エアコンのにおい、気になりませんか?

エアコンのにおい、気になりませんか? 去年までは、壁にかけた状態で簡易的に分解し洗浄していましたが、ごくまれに数日後においがしてきた・・というご連絡を頂くことがありました。それを解決するために導入したのが「エアコン完全分解クリーニング」です。壁掛け状態でファンやドレンパンを外し、熱交換器を裏表洗浄したこともありますが、はっきり言ってそれでも不完全です。単純に、「ファン・ドレンパンを外す」といってもあくまでパフォーマンスに過ぎません。ドレンパンは表から外せる部分だけではないので。また東芝やダイキンはケーシングと一体型なので壁掛け状態では普通外せません。とにかく壁掛け状態では、メーカーや設置状況によって分解できる範囲が異なるので、全機種を同様に、「本当の完全分解」をするには、まず「本体をまるごと壁から取り外す」しかありません。汚れが60%しか取れない上内部を腐食させるのが、実は壁掛け洗浄の現状です。しかし、そんなことはお客様は知りません。エアコンクリーニング(壁掛け洗浄)料金に関しては値段の叩き合いも始まっており、ノーマル1台5,000円~の世界に突入しています。異常です。エアコン内部は年々複雑になってきており分解難易度も同時に上がってきているのに何故か値段は逆行しています。難しい機種を壁かけ状態で脚立に上がって分解するより、一旦おろして卓上でじっくり分解する方が絶対安全で、破損のリスクも下がります。エアコン完全分解クリーニングなら、割高料金のデメリット以外はメリットしかありません。

▼前回の記事内容を動画にまとめました。

防府市でエアコン完全分解クリーニング

防府市内でのエアコン完全分解クリーニングです。と言っても本日は取り外しからの分解のみです。昨年末からご予約頂いていたお客様でロボ付きとノーマルの計3台ほど。当初は壁掛け状態での通常クリーニングの予定だったのですが、ロボ付きの寝室の1台が「壁に近すぎて洗浄が不十分になる」とご説明。急遽「完全分解」へ変更となりました。ここ数日は特に冷え込むことも承知の上で、しかもエアコン以外の暖房器具をお持ちでないとのことだったので、事務所のセラミックヒーターをお貸ししました。無いよりはマシってな感じで💦 どうかお風邪などひかれませんように…。一応明後日の納品予定です。

▲壁からまるごと取り外しました。エアコン完全分解クリーニングはここからです。
▲事務所へ持ち帰りました。
▲完全分解は完了。洗浄は明日やります。ダイキン製 型番 ATR28PSE

ご案内

さて、当店は2009年よりハウスクリーニング他清掃事業を続けてまいりましたが、諸事情により2021年12月末日をもちましてキッチン、浴室、窓清掃や床ワックスなどのハウスクリーニングや店舗等の清掃事業をやめ、「エアコンクリーニング」と「クロスメイク」に特化した専門店として事業転換致しました。

ご愛顧いただきましたにもかかわらず、事業の縮小にてご迷惑をおかけする事を心よりお詫び申し上げます。

特にエアコンクリーニングにつきましては、昨年においクレームを過去最多数頂き、調べたところ従来の「壁掛け状態での洗浄」では内部の汚れ除去率は良くて60%程度であることが判明。これを100%除去でき、クリーニング後の異臭やアレルギー反応の心配も一切無い「壁からまるごと取り外しての完全分解エアコンクリーニング」の研修を修了、導入致しました。

勿論これまで同様の「壁掛け方式」も続けてまいります。詳しくは「國弘総業」で検索されホームページにてご確認下さいませ。 今後とも國弘総業を何卒宜しくお願い申し上げます。

防府 完全分解エアコンクリーニング

防府市内での完全分解エアコンクリーニングです。もうしばらく経つけど研修終了後にばんばん練習して来年に備えようって思ってたけど… よく考えたら年末に向けてのハウスクリーニングがなかなか立て込みほぼ時間をさけない状況でございます。しかも先日エアコンクリーニングをさせて頂いたお客さんとこでも年内唯一、折角完全分解をご依頼頂き、鼻息荒めで気合入れて動画撮影の準備もしてたのに、道具の準備不足で断念し通常の壁掛け洗浄にチェンジ 泣。あとあと師匠に報告したら道具のダメだし…。手持ちの道具で何とかなるという考えがそもそも甘かったです。この度必要工具その他をかなり新調したはずでしたが、この際なので師匠に指導してもらって、今なら100%揃えられたと思います。いくらやり方が分かってても、工具のちょっとした違いで作業に大きな差が出ることを痛感しました。ちなみにそれはスパナの長さの問題だけ。僕のは短すぎたから「フレアナットが解けなかった」ってお話でした。さて、11月末くらいに新しいサイト素材用に撮ってた写真ですが良かったらご覧下さい。どうせなんでここにも載せておきます。

完全分解洗浄前
▲これが完全分解。これでモーターや電装部品以外は全て裏表洗浄できます。
完全分解洗浄後
しばらくはここで我慢
▲これは事務所のを練習で洗ってる状況で、青いポンプはずっと壁掛け洗浄で使ってる弱いやつ(最高圧力3.5Mpa/吐出量40L/h)で、軽度の汚れなら壁掛け洗浄でもそこそこキレイにはなると思うのですが…。
▲まだ出番が無いけど、完全分解エアコンクリーニングの必須アイテム業務用ケルヒャー(最高圧力8Mpa/吐出量400L/h ) 室内では使えない超高圧大流量洗浄で汚れを根こそぎ吹っ飛ばします。
熱交換器洗浄前
▲そもそも壁掛け状態で熱交換器を裏表洗うにしても、3.5Mpa程度の洗浄機では限界があります。(経験済み)
▲熱交換器はひっくり返して裏側からも超高圧洗浄。目視しながら、カビや汚れが出なくなるまでひたすら洗浄!
▲送風ファンは、壁掛け洗浄続けてたらファンモーターの軸を錆させて、時々抜けないこともあります。研修の時まさに出くわしました。なのでなるべくなら壁掛け洗浄はおすすめしません…。
▲業務用エアコンならドレンパンは必ず外すのに何故か家庭用は外さないのが主流。しかも壁掛け状態では外せない機種も結構あるので、以前、壁掛けでの完全分解もやってたけど速攻やめました。ファンも同様。設置状況や機種により左右されるので、壁からまるごと取り外す当店の方法が無難です。設置状況に関わりなく全機種を完全分解可能なので。
▲納品、設置。動作確認もばっちり。
▲おまけ。冒頭のお話。右側の4分フレアナットが緩まず断念。
▲研修前に先走って買ってしまったトルクレンチ(下3本)…。師匠曰く「短いしこれでは力をかけられないから長いのに変えなさい」とのこと。エアコン設置業者さんの「取り付け専用」らしい。緩める前提で作られていないと。確かに💦