フローリングの塗装

結構前から得意先から「フローリングの塗装」を頼まれてたんだが…。フローリングの荒れがまあまあ広範囲だったので手研磨はやめてハンドポリッシャーで研磨。粉塵が舞うので養生マスカーで巾木と壁クロス下半分を覆ってたのはいいんだけど…。

なんせ粉塵が凄まじかったから、塗装前にとりあえず掃除しときたいなぁと思い、つい何の気無しにマスカーを「ふんっ」とペロペロってひっぺ返したところ・・・。!! まあ、巾木表面のビニール膜?薄皮がじゃんじゃん剥がれるではありませんか!(汗) 

くっそこんなんありか!とまた仕事1個追加。マスカーの粘着力しかり、まさかの巾木表面が実は薄皮で覆われていたという私の中での新事実。更には、床塗装は刷毛塗りが基本なんだが、何をとち狂ったか缶スプレー塗装には自信のあった私はホームセンターで「油性スプレーニス」なるものに目がいき、これなら楽じゃんとばかりにそいつで施工。結果むらだらけで失敗し2個目の作業、剥離が追加…。泣きました。

幸いここは期日が無かったので他現場の合間合間でぼちぼちやってきましたが、とりあえず巾木は補修シート?で見栄えはOK。からのようやく本日、床全面に水性ウレタンニスを1回刷毛塗りして、ダークブラウンの同ニスの配達待ちでございます。近所のホームセンターじゃ入手できないやつなんでね。本当、日々勉強です。赤字ですよ。授業料でございます。

にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへ

良かったら↑応援クリックお願いしますm(__)m

【ブログ村】ランキングへ投票されます。

▼ハウスクリーニングの國弘総業|PC・スマートフォン向けサイト

https://kunihiro-sogyo.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)